Late Night Drinking


L'EscaMoteur bar verified

Kyoto

  • Night Out
  • Live music
5 / 5

Dec 06, 2018

In the heart of Kyoto, you'll find L'EscaMoteur, a Kyoto bar so full of the wonderfully unexpected that it isn't hyperbole to say you'll be transported to another world.

Squirrelled away, up a narrow staircase, in the attic of an unassuming brick building on a street bordering the Takase canal, L’EscaMoteur is a bar in Kyoto reminiscent of Paris’s belle époque. Named after the old French word for an illusionist or magician, L’EscaMoteur is a bijou bar that prides itself on creating an air of mystery, as well as delicious, life-giving elixirs. And it certainly does not disappoint.

We suggest talking with the elegantly dressed, knowledgeable and talented bar staff, and soaking up the décor, which is an Alice-in-Wonderland-style mix of vintage European and modern steampunk. Nestled under the imposing ceiling beams, there’s a glorious paraphernalia of books, hats, bike parts, vintage decanters and more. A conglomeration that conjures up a reimagined image of Paris or London from 100 years ago, which is a delight to explore.

Yet it’s not the whimsical interior that steals the show – and what a show it is. The bar’s owner, Marseillaise Christophe Rossi is a trained magician whose love for great cocktails led him to open L’EscaMoteur to showcase the combination of his two finely honed skills. His dedication to both is evident in the skill and wizardry with which the bar’s delicious cocktails are created and presented.

Throughout the year the bar frequently hosts live music events. But our advice is to arrive when the bar opens at 8 p.m., on a humdrum Tuesday and simply enjoy the conviviality and personality of the place and its staff. Wash it all down with their Kyoto Garden (created from Kinobi Gin, Yuzu liqueur, matcha tea, citron and egg white) or smoky Old Fashioned – a true tonic for the soul.

レスカモトゥール バー(L’EscaMoteur Bar)

高瀬川沿いの落ち着いた煉瓦造りの建物の中にある狭い階段を上った先にひっそりと構える「レスカモトゥール バー」は、ベルエポック時代のパリを彷彿とさせる京都にあります。イリュージョニストや手品師を意味する古いフランス語にちなんで命名されたこのバーは、不思議な雰囲気を演出しているだけでなく、生活に活気をもたらすワクワクするような飲み物を提供することにも力を入れている、おしゃれでこじんまりとしたバーです。もちろん、がっかりさせられることはありません。

ぜひとも、上品な装いに身を包んだ、知識豊富で優秀なバースタッフとの会話や、レトロなヨーロッパの雰囲気とモダンなスチームパンクをミックスさせた『不思議の国のアリス』の世界を彷彿とさせる雰囲気を愉しんでください。印象的な天井照明の下にひっそりと置かれているのは、本、帽子、バイクパーツ、古いデカンタといった華やかな身の回り品の数々。100年前のパリやロンドンを思い起こさせるこれらの品々は、見ているだけでワクワクします。

とはいえ、本当に見て欲しいのは、風変わりなインテリアではなく、ショーそのものです。このバーのオーナーであるマルセイユ出身のクリストフ・ロッシ(Christophe Rossi)は、熟練した手品師でもあります。彼のカクテルに対する愛情を原動力にしてオープンさせたこのバーは、カクテルと手品という彼が得意な2つの技の融合を見せる場でもあります。カクテルと手品の両方を愛する彼の姿勢は、カクテルを作る際の、魔法のような技にもはっきりと見て取れます。

このバーでは、年間を通して、ミュージックライブのイベントが頻繁に行われていますが、おすすめは、客足の少ない火曜の夜8時(バーの開店時間)に行って、バーやスタッフの和気あいあいとした陽気な雰囲気を単純に愉しむことです。ここではぜひ、京都ガーデン(季の美 京都ドライジン、ユズリカー、抹茶、シトロン、卵白をブレンドしたカクテル)と、魂を元気づけるカクテルとも言えるスモーキーなオールドファッションドを飲んでみてください。

Prev

Next