Night Out


Ben Fiddich bar verified

Tokyo

  • Night Out
  • Drinking holes
  • Classic
  • Whisky
  • Gin
  • Absinthe
  • Japanese
5 / 5

Jan 14, 2019

Recent newcomer to the Tokyo bar scene, Ben Fiddich, is a tribute to the traditionally serene Japanese cocktail mastery with a contemporary take thanks to the alchemical approach of its founder, Hiroyasu Kayama. Read on to find out more about this bar in Tokyo.
It is the slow and precise grace of Japanese bartenders, in stark contrast to the frenetic pace of western-style mixologists, that is preserved and celebrated at Tokyo’s Ben Fiddich. And no, this is not just an excuse for slow service. At this small bar in Tokyo, an insistence on civility and quiet enjoyment is preferred, and the customary ritual in Tokyo of meticulously preparing alcoholic concoctions is a spectacle in its own right. Your drink will be made for you, with a flourish, by a bartender in traditional white garb. And it’s not just a gimmick for tourists either – this is an art form they take seriously.

Whilst the lack of a drinks menu is not unusual for traditional Tokyo bars, in this intimate drinking hole all the drinks are bespoke. Building from a base whisky, gin, absinthe or amaro, the emphasis is then on plants, spices, fruits, herbs and liquor. The shelves behind the bar are full of experimental liqueurs and infusions, projecting the look of a refined boozy apothecary, all of which have been cooked up by Hiroyasu Kayama. If you like the creation of your cocktails to include the use of a pestle and mortar, this is the place for you.

 

 

 

With a bar area that only seats up to 15 people, this cosy Tokyo bar is often misinterpreted as being rude or pretentious when it turns away eager customers. Whilst this element of exclusivity certainly helps the venue maintain an edge, the infusion of ingredient-focused cocktail mastery and Ben Fiddich’s homage to the classic Tokyo bar scene of calm and order are what truly make it such a success.

バー ベンフィディック (Ben Fiddich)

激しく熱狂的な西洋のミクソロジストの動きとはまったく異なる、日本のバーテンダーらしい正確でゆっくりとした優雅な動きが、このバーには残っています。もちろん、これはサービスに時間がかかることに対する言い訳ではありません。この小さなバーでは、礼儀正しく静かに愉しむことを何よりも大切にしています。東京では当たり前の、細部にまでこだわったカクテルメイキングはこの店の見せ場のひとつでもあります。ここでは、伝統的な白の衣装に身を包んだバーテンダーが華麗な身振りを交えながら、あなただけのためにドリンクを作ってくれます。それは、単なる観光客向けの仕掛けではなく、彼らの作法でありスタイルでもあります。

ドリンクメニューがないことは、伝統的な東京のバーでは珍しいことではありませんが、この親密な雰囲気を湛える穴場バーでもドリンクはすべてオーダーメイドです。ベースとなるウイスキーやジン、アブサンやアマーロに、植物やスパイス、フルーツ、ハーブ、リカーなどを加えて作られています。バーカウンター奥の棚には、様々なリキュールやインフュージョンが並んでいて、あたかも大酒飲み専用のおしゃれな薬局のような様相を呈しています。これらはすべて、鹿山 博康が「調理」に用いるものです。乳鉢と乳棒を用いて作るカクテルに興味がある人には、特におすすめしたいバーです。

15席程しかない居心地の良いバーですが、せっかちな客からは仰々しく慇懃無礼な店と言われることもよくあります。もちろん、この特別感のある独特な雰囲気こそがこのバーの強みであり、素材を重視したカクテルメイキングの技と、冷静で秩序立った伝統的な東京のバーシーンへのオマージュとを融合させていることが、今のようなすばらしい成功をもたらしたと言えます。

Prev

Next