Pub


Zoetrope bar verified

Tokyo-City-Center

5 / 5

May 11, 2018

Looking for a whisky bar in Tokyo? Go down a Nishi Shinjuku back street, up a slow, stuttering elevator then get off on the third floor. Step into the tiny venue with the intimate low lights, and you've found your way into Tokyo's whisky-loving heart: Zoetrope.

With only three tables and just six seats at the bar, Zoetrope, the cult Tokyo whisky bar is further proof that good things frequently come in small packages. Famous for its unrivalled Japanese whisky collection – over 300 bottles and counting, including several varieties that are no longer on the market – spirit aficionados come here seeking tough-to-find whiskys and are often richly rewarded.

The bar’s owner and only bartender is a passionate whisky fan himself, a fount of knowledge for fellow whisky lovers, and generous with recommendations for those new to the game. From shots of rare Yamazaki editions, to standard faves like Nikka Single Malt Yoishi, at this Tokyo bar there’s a whisky tailored to your tastes, whether you’re a connoisseur or a spirit dilettante.

 

 

The love of the grain-based spirit at Zoetrope is rivalled only by its love of cinema. The whisky bar‘s decor was designed by legendary Japanese art director, the late Takeo Kimura. Silent black and white films are screened constantly in the venue, a vintage backdrop that clashes comfortably with its alternative soundtrack. The cinematic feel adds a cool but relaxed vibe that’s in keeping with the atmosphere and crowd here.

This tiny, popular bar fills up very quickly, so your best bet is to visit on weekdays when it’s easiest to get in. A singular spot among the impressive offering of bars in Tokyo, for lovers of cinema and whisky alike, Zoetrope is a treasure trove. Definitely pencil this miniature whisky wonder for a reliably good drink (or two) on your trip to Tokyo.

Shot Bar ゾートロープ (ショットバー ゾートロープ)

テーブルが3つとカウンターに6席しかないこの店は、「小さいからといって、その価値は侮れない」という諺を証明するだけに留まらない、熱狂的なファンを持つウイスキーバーです。他に追随を許さない日本ウイスキーの品揃え(常時300本以上をストック)は特に有名で、その中にはもはや市場に出回らなくなったボトルも含まれており、入手困難なウイスキーを求めてやって来るだけの価値が十分にあるバーと言えます。

西新宿にあるこの店のオーナーであり唯一のバーテンダーでもある堀上自身もウイスキーに情熱を注ぐ愛好家のひとり。泉のように湧き出てくる彼の豊富な知識に惹きつけられるウイスキー愛好家も多いですが、ウイスキーをよく知らない初心者にも気前よく様々な助言を与えてくれます。高級な山崎のウイスキーから、ニッカ のシングルモルト余市などのスタンダードなウイスキーまで幅広く取り揃えており、ウイスキーをよく知る専門家であろうと洋酒の愛好家であろうと、自分好みのウイスキーに出会うことができます。

さらに、 グレーンスピリッツに対する愛と同じくらいに彼が唯一愛を注いでいるのが映画です。バーの至るところに、伝説に残る日本の映画監督、木村 威夫(きむら たけお)の晩年の作品が飾られています。スクリーンには無声の白黒映画が常時上映されており、昔懐かしい風景がオルタナティブなサウンドトラックとぶつかり合って心地よい空間を生み出しています。映画の雰囲気がもたらすリラックス感のあるおしゃれな空気感は、たくさんの客が集まるこの店の雰囲気ともマッチしています。

大変人気のある小さなバーなので、すぐに満席になってしまいます。そのため、比較的入りやすい平日に訪れることをおすすめします。東京に数多ある印象に残るバーの中でも特におすすめのこのバーは、ウイスキーはもちろん映画を愛する人にとっても宝の山と言える場所です。東京を訪れる際には、1杯でも2杯でもいいので、ぜひ訪れて欲しい、信頼のおけるとっておきのウイスキーバーです。

Prev

Next

Similar Bars