Classic


Code Name Mixology bar verified

Tokyo

  • Speakeasy
  • Night Out
  • Casual
  • Indian
  • American
  • Thai
  • Japanese
  • Great food
5 / 5

Nov 27, 2018

With its dim lights, dark wood and leather-bound books, Tokyo cocktail bar, Code Name Mixology, has more than a hint of an above-ground speakeasy.

However, the classic drinking-den décor belies the out-of-the-box energy that powers this Tokyo bar‘s creativity. The brainchild of Shuzo Nagumo, dubbed ‘the Willy Wonka of extraordinary cocktails’, Code Name Mixology is like an alcohol-laced dream, drawn straight from a mad scientist’s imagination.

Here, they don’t just mix drinks: they make them from scratch, down to ageing liquor in their own on-site oak barrels. They even barrel-age entire cocktails: try the Manhattan Experience for a take on a classic drink you won’t forget. At this unique cocktail bar in Tokyo you can tell the bartenders your favourite flavours, then, minutes later, taste them expertly combined into a custom-made cocktail. The bar caters to a mainly international crowd and staff can take your dream flavour orders in English so don’t worry if your Japanese is rudimentary.

 

 

The drinks list abounds with foodie-influenced libations like the India Egg: a creamy blend of whiskey with traditional Indian spices; and Apple Matsutake, which blends pine-mushroom gin with sour apple and miso powder. And the house distillery is pure alchemy. Using a rotovape still, the connoisseurs at Code Name Mixology distil flavours that shouldn’t be possible – even cheese, the star ingredient in their Blue Cheese Martinis. The most delicate undertones of the blue cheese filter through to create an unusual, satisfying cocktail. The mixology doesn’t stop at the drinks, either: where else in the world can you pair your smoked chocolate martini with a succulent, sunset-yellow smoked egg?

As if the in-house creativity at this Tokyo bar weren’t enough, to keep its out-of-this-world cocktail on the absolute cutting edge, Code Name Mixology regularly hosts guest mixologists from around the globe.

Call yourself a cocktail aficionado? Then a stop at Code Name Mixology is a must on your top bars in Tokyo checklist.

コードネーム ミクソロジー アカサカ (BAR&CAFE codename MIXOLOGY akasaka)

とはいえ、昔ながらの隠れ家的雰囲気からは想像できないほどに、クリエイティブなパワーを生み出す革新的エネルギーが満ちあふれています。オリジナルカクテル「ウィリー・ウォンカ・オブ・エクストラオーディナリー・カクテルズ(Willy Wonka of extraordinary cocktails)」の名付け親でもある南雲 主于三(なぐも しゅうぞう)がつくったこのバーでは、アルコールと夢を結び付けるカクテルと同じように、奇想天外な科学者の想像力がそのまま具現化されています。

ここでは、単に飲み物をブレンドするのではなく、ホームメイドの素材でカクテルをゼロから作っています。つまり、店が保有するオーク樽に入れて酒を熟成されたリキュールから行っています。これは、カクテルに用いる酒の熟成度を均一にするためです。試しに、「マンハッタン エクスペリエンス(Manhattan Experience)」を飲んでみてください。きっと懐かしい伝統的なカクテルに出会えることでしょう。ここコードネーム ミクソロジーでは、好みのフレーバーをバーテンダーに伝えるだけで、数分後には、自分好みのオリジナルカクテルを味わうことができます。外国からの客も非常に多く、スタッフは全員英語が話せるので、日本語が上手に話せなくても好みのフレーバーを注文することができるので安心です。

ドリンクリストには、食通をうならせるたくさんのカクテル、例えば、ウイスキーとインドの伝統的なスパイスをブレンドしたクリーミーなカクテル「インディア エッグ(India Egg)」、松茸ジンと酸味のあるリンゴをブレンドし味噌パウダーを加えて仕上げた「アップル マツタケ(Apple Matsutake)」などが並んでいます。また蒸留にもこだわっており、昔ながらのロータリーエバポレーターを用いて、普通では考えられないようなフレーバーを抽出しています。オリジナルカクテル「ブルーチーズ マティーニ(Blue Cheese Martinis)」の主役であるチーズもそのひとつです。ブルーチーズ特有の最も繊細な味わいを生み出すフレーバーを抽出し、他のどこにもない食通の好奇心を満たすカクテルに仕上げています。カクテルメイキングの技やセンスは、飲み物だけに留まりません。スモークチョコレートマティーニと、サンセットイエローを彷彿させる鮮やかな橙色のとろっとした燻製卵を一緒に食べられる場所は、世界中を探しても他にはありません。

最先端の技や独創性を活かした奇想天外なカクテルを作り続けるためには、自分たちだけの力では不十分だと考えているかのように、この店では定期的にミクソロジストを世界中から招待して技やセンスに磨きをかけています。

カクテルマニアだと自称する方ならぜひ、東京に行ったら立ち寄っていただきたいバーのひとつです。

Prev

Next

Similar Bars

Prev

Next