Jeremiah Tokyo Jeremiah Tokyo

Speakeasy


Jeremiah Tokyo
bar verified Certified World's Best Bar

Tokyo-Shinjuku

  • Night Out
  • Chill Out
  • Late night Drinking
  • American
3 / 5 3 / 5

Apr 28, 2020

Styled like an old-school American bar, this speakeasy in Tokyo pays homage to the father of mixology. Here’s why you should come here on your next night out in Shinjuku.

Jeremiah Tokyo is a stylish hidden bar in Shinjuku that takes you straight back to great 19th century New York. A well-known flair bar in Tokyo, the venue takes its name from Jeremiah “Jerry” Thomas himself. This iconic American bartender was known for his showmanship, and his pioneering work in popularizing cocktails across the U.S. made him known as “the father of American mixology”. Jeremiah Tokyo opened in 2018 on December 15th, the anniversary of Thomas’s passing, as a tribute to the legend’s legacy.

The cozy lounge’s old-timey decor is on point, from the shiny brass counter and shelves lining the brick back wall to the vintage framed posters, right down to the elegant engraved glasses. Comfortable, inviting and with a great atmosphere, this is the perfect spot to take your date for a memorable after dinner drink and cocktail show. The bar is headed by cocktail champion Hiroshi Ichikawa, a star mixologist in Tokyo specialized in craft flair. You won’t be able to take your eyes off of his incredible performance, it’s simply a joy to watch him work.

The impressive cocktail menu features tried and true classics as well as innovative twists and original creations. Each drink comes served with a side of background history courtesy of your bartender, which adds a special touch to the experience. For something refreshing and fruity, try the crimson-colored Story Reviver, with Monkey 47, Lillet Blanc, absinthe, prosecco cordial, fresh raspberry puree and lemon. Or let yourself be guided towards a cocktail that’s exactly to your liking. To soak everything up, don’t hesitate to order a snack or two from the delicious bar food menu.

Jeremiah Tokyoジェレマイア・トウキョウ)

伝統的なアメリカンバーのスタイルを踏襲して東京に誕生したこのバーは、ミクソロジーの父にオマージュを捧げるバーです。新宿に行ったら、ぜひ訪ねて欲しい理由はそこにあります。

新宿の片隅にひっそりと佇むスピークイージーなバー「ジェレマイア・トウキョウ」は、19世紀のニューヨークにタイムスリップさせてくれるスタイリッシュなバーです。このバーの名前は、伝説に残るアメリカ人バーテンダー、ジェレマイア(通称 ジェリー)・トーマスに由来しています。彼は、フレアバーテンディングの技を極めただけでなく、アメリカ全土にカクテルを普及させた人物でもあり、「アメリカのミクソロジーの父」と呼ばれています。ジェレマイア・トウキョウは、トーマスの伝説的偉業に敬意を表して、2018年、彼の命日である12月15日にオープンしたバーです。

居心地の良いラウンジには、真鍮製のカウンターや棚、レンガの壁、アンティーク調の額に入ったポスターやエレガントな彫刻が施されたグラスなど、バーの雰囲気にぴったりな昔懐かしい装飾が施されています。魅力的で心地良い空間はデートにもおすすめです。夕食後に軽く飲みながらカクテルを楽しめば、思い出に残るデートになるに違いありません。バーマネージャーである市川 寛(いちかわ ひろし)は、フレアの国際大会で優勝した経験をもつ人物でもあり、ミクソロジストとして東京で活躍しているバーテンダーです。見ているだけで楽しい彼のすばらしいパフォーマンスは、絶対に見逃せません。

メニューには、クラシックなカクテルはもちろん、革新的なひねりを加えたオリジナルカクテルも揃っています。バーテンダーがそれぞれのカクテルの背景にある歴史を丁寧に説明しながら提供してくれるのも、非常に魅力的です。フルーティで爽やかなカクテルがお好きならぜひ試して欲しいのが、モンキー47、リレ ブラン、アブサン、プロセッコ コーディアル、生ラズベリーピューレ、レモンを使った、深紅色のカクテル「ストーリー・リバイバー(Story Reviver)」です。もしくは、お好みのカクテルを自由に注文してみてください。そして、このバーを心ゆくまで堪能したいならば、忘れずにフードメニューもいくつか注文してください。

Prev

Next