5 cozy bars in Tokyo for a memorable cocktail experience 

Bars


5 cozy bars in Tokyo for a memorable cocktail experience 

In the bustling metropolis that is Tokyo, these special places offer a suspended moment in time.

Tokyo is a city of contrasts. Here, tradition fuses with modernity, precision meets creativity, and in a sea of neon and concrete, peaceful oases of calm abound, providing welcome breaks from the fast-paced day to day.

All these qualities can be found in Tokyo’s cocktail bar scene, with a special mention for the following hidden gems. Skillfully combining contemporary mixology with meticulous Japanese craftsmanship and art of service, these low-key, intimate bars are perfect for a special date or a relaxed evening out.

 

東京というにぎやかな大都市で、時が止まったかのようなひとときを演出する、特別な場所をご紹介します。

東京はコントラストに富んだ街です。伝統と現代性、精密さとクリエイティビティが融合し、ネオンとコンクリートの海に点在する都会のオアシスが、目まぐるしい日々から逃れる息抜きの場になっています。

こうした魅力をすべて持ち合わせているのが、東京のカクテルバーシーン、なかでも、以下のような隠れた名店です。現代的なミクソロジーテクニックと日本人らしいきめ細やかな職人技、粋を極めたサービスを巧みに融合した、控え目で隠れ家のようなバーは、特別なデートにも、くつろいだ夜の外出にもぴったりです。

 

Ben Fiddich

 

 

It is the slow and precise grace of Japanese bartenders that is preserved and celebrated at Ben Fiddich. At this small Tokyo bar, an insistence on civility and quiet enjoyment is preferred, and the local customary ritual of meticulously preparing alcoholic concoctions is a spectacle in its own right. Your drink will be made for you, with a flourish, by a bartender in traditional white garb. Cocktail-making is an art form they take very seriously.

Whilst the lack of a drinks menu is not unusual for traditional Tokyo bars, in this intimate drinking hole all the cocktails are bespoke. Building from a base whisky, gin, absinthe or amaro, the emphasis is then on plants, spices, fruits, herbs and liquor. The shelves behind the bar are full of experimental liqueurs and infusions, projecting the look of a refined boozy apothecary, all of which have been cooked up by founder Hiroyasu Kayama. If you like the creation of your cocktails to include the use of a pestle and mortar, this is the place for you. Try the signature Green Tea Negroni, made with Monkey 47, Suze, Lillet Blanc, homemade green tea bitters and green tea powder, to get a sense of the approach.

 

日本のバーテンダーらしい正確でゆっくりとした優雅な動きが、このBen Fiddichベンフィディック)には残っています。この小さなバーでは、礼儀正しく静かに愉しむことを何よりも大切にしています。東京では当たり前の、細部にまでこだわったカクテルメイキングはこの店の見せ場のひとつでもあります。ここでは、伝統的な白の衣装に身を包んだバーテンダーが華麗な身振りを交えながら、あなただけのためにドリンクを作ってくれます。それは、単なる観光客向けの仕掛けではなく、彼らの作法でありスタイルでもあります。

ドリンクメニューがないことは、伝統的な東京のバーでは珍しいことではありませんが、この親密な雰囲気を湛える穴場バーでもドリンクはすべてオーダーメイドです。ベースとなるウイスキーやジン、アブサンやアマーロに、植物やスパイス、フルーツ、ハーブ、リカーなどを加えて作られています。バーカウンター奥の棚には、様々なリキュールやインフュージョンが並んでいて、あたかも大酒飲み専用のおしゃれな薬局のような様相を呈しています。これらはすべて、鹿山 博康(かやま ひろやす)氏が「調理」に用いるものです。乳鉢と乳棒を用いて作るカクテルに興味がある人には、特におすすめしたいバーです。モンキー47、スーズ、リレ・ブラン、ホームメイドグリーンティービターズ、グリーンティーパウダーで作られた、シグネチャーカクテル「グリーンティー・ネグローニ」はぜひ一度お試しください。

 

Shinjuku Whisky Salon

 

 

Owned by well-known whisky expert Kazunori Shizuya, this Shinjuku hidden bar is heaven for the whisky connoisseur, but it is also a welcoming space for the whisky beginners to get acquainted with the fascinating world of malt. Whether you’re looking to have a quiet after dinner drink alone, on a date or with a small group of friends, Shinjuku Whisky Salon will make you feel right at home. The bar offers a wide range of whiskies from around the world, but the main draw here are the exceptional local bottles. Sourced from a myriad of distilleries all over Japan, both established and new, some are limited edition and nearly impossible to find elsewhere.

A tasting menu is a great place to start, allowing you to discover and sample a few labels under the guidance of the friendly and knowledgeable staff. After that, why not indulge in a delicious Japan inspired whisky-based cocktail? Whisky Salon calls them Whisktails, and they’re the bar’s specialty. In the words of Shizuya-san: “Since whisky is already perfect for serving on its own, it is not easy to make it even better by mixing it with other ingredients. It is challenging for the bartenders, so I always keep two points in my mind. First: never kill the taste of the whisky itself. Second: respect the whisky and the people behind the craft.”. We love the LourSide Boulevardier, made with 12 year-old Aberlour, Campari, Carpano Antica Formula vermouth, Hassaku Rocks, orange bitters, and served with an orange peel garnish.

 

マスター・オブ・ウイスキー(日本に9名しか認定されていない)の資格取得者として知られる静谷 和典(しずや かずのり)氏がオーナーを務めるこのバーは、ウイスキー好きにとって天国のような場所ですが、ウイスキー初心者にとってもすばらしいモルトの世界に触れることができる、とっておきの場所です。

夕食後の1杯をひとりで静かに楽しむこともできれば、デートや友人同士での少人数の集まりに使うこともできる、くつろげる雰囲気のバーです。この新宿ウヰスキーサロンでは、世界中から集められた多彩なウイスキーを楽しむことができますが、一番のおすすめはここでしか味わえない日本産のウイスキーです。世界的に知られる蒸留所や新しい蒸留所を含む、日本全国にある様々な蒸留所で造られたウイスキーが揃っており、中には数量限定で生産されたボトルや他では出会えない貴重なボトルもあります。

まずは、テイスティングメニューから始めるのがおすすめです。知識が豊富で気さくなスタッフの説明を聞きながら数種類のウイスキーを少しずつ楽しむことができます。その後に、日本にインスパイアされたウイスキーカクテル「ウイスクテイル」と呼んでいます。はいかがでしょうか?一番人気の「ラワーサイド・ブルバルディエ(LourSide Boulevardier)」は、アベラワー12年、カンパリ、カルパノ アンティカ フォーミュラ ベルモット、はっさくロックス、オレンジビターズをブレンドし、オレンジピールを添えて提供されるカクテルです。

 

Jeremiah Tokyo

 

 

Jeremiah Tokyo is a stylish hidden bar in Shinjuku that takes you straight back to great 19th century New York. A well-known flair bar in Tokyo, the venue takes its name from Jeremiah “Jerry” Thomas, the father of American mixology, himself. Comfortable, inviting and with a great atmosphere, this is the perfect spot to take your date for a memorable after dinner drink and cocktail show. The bar is headed by cocktail champion Hiroshi Ichikawa, a star mixologist in Tokyo specialized in craft flair. You won’t be able to take your eyes off of his incredible performance, it’s simply a joy to watch him work.

The impressive cocktail menu features tried and true classics as well as innovative twists and original creations. Each drink comes served with a side of background history courtesy of your bartender, which adds a special touch to the experience. For something refreshing and fruity, try the crimson-colored Story Reviver, with Monkey 47, Lillet Blanc, absinthe, prosecco cordial, fresh raspberry puree and lemon.

 

新宿の片隅にひっそりと佇むスピークイージーなバーJeremiah Tokyoジェレマイア・トウキョウ)」は、19世紀のニューヨークにタイムスリップさせてくれるスタイリッシュなバーです。このバーの名前は、アメリカのミクソロジーの父と言われる伝説のバーテンダー、ジェレマイア(通称 ジェリー)・トーマスに由来しています。

魅力的で心地良い空間はデートにもおすすめです。夕食後に軽く飲みながらカクテルを楽しめば、思い出に残るデートになるに違いありません。バーマネージャーである市川 寛(いちかわ ひろし)氏は、フレアの国際大会で優勝した経験をもつ人物でもあり、ミクソロジストとして東京で活躍しているバーテンダーです。見ているだけで楽しい彼のすばらしいパフォーマンスは、絶対に見逃せません。

メニューには、クラシックなカクテルはもちろん、革新的なひねりを加えたオリジナルカクテルも揃っています。バーテンダーがそれぞれのカクテルの背景にある歴史を丁寧に説明しながら提供してくれるのも、非常に魅力的です。フルーティで爽やかなカクテルがお好きならぜひ試して欲しいのが、モンキー47、リレ ブラン、アブサン、プロセッコ コーディアル、生ラズベリーピューレ、レモンを使った、深紅色のカクテル「ストーリー・リバイバー(Story Reviver)」です。もしくは、お好みのカクテルを自由に注文してみてください。そして、このバーを心ゆくまで堪能したいならば、忘れずにフードメニューもいくつか注文してください。

 

Bar Libre

 

 

Bar Libre is a quiet and relaxed Ikebukuro cocktail bar that combines seasonal, locally-sourced ingredients with modern bartending techniques to craft seriously high standard cocktails. Hidden down in a cellar, the intimate and cozy lounge is sparsely decorated – at Libre, the magic happens behind the bar. Soft jazz music plays in the background as the bartenders handle complicated-looking machines. With expert skill, high quality ingredients are transformed and combined to create delicious and unusual cocktails.

Fresh fruit cocktails are instantly frozen at -196 ℃ with liquid nitrogen, dispensing with the need for ice and thus preserving the full taste of the fruits. Charged with wood chips selected according to the spirit, a smoking gun enriches libations with complex smoky notes. Commonly known for its relaxing properties, an aroma diffuser is used here to infuse drinks with delicate fragrances. A top mixologist in Tokyo, owner Yujiro Kiyosaki will be happy to find your perfect cocktail match and guide you through the experience. We loved the fruity and smooth Red Circle, with 12 year-old Red Breast, Lillet Blanc, acerola juice, egg white, lemon juice and Angostura bitters. The bar also offers a compelling whisky selection – over 300 single malt references – as well as more than 10 types of Cuban cigars.

 

池袋にある静かで落ち着いたカクテルバーバー リブレ」では、旬の素材と最新のバーテンディング技術を融合させて、ハイレベルなカクテルを提供しています。地下にひっそりと佇む居心地の良い隠れ家的なこのバーでは、バーカウンターの後ろでマジックのようなカクテルメイキングが行われています。ソフトなジャズのBGMが流れる一方で、バーテンダーが複雑そうな機械を操作しています。専門的なスキルを用いながら高品質な素材を変身させたりブレンドしたりすることによって生み出されるのは、とても美味しいけれど一風変わったカクテルです。

生のフルーツを使ったカクテルを-196℃の液体窒素で瞬間冷凍し、氷を使用せずにフルーツそのものの美味しさを引き出したり、お酒に合わせて選んだ燻製チップを使ってスモーキーで複雑な香りをつけたり、リラクゼーショングッズとしてお馴染みのアロマディフューザーを使ってローズやラベンダー、ザクロの香りをつけたカクテルなどがあります。

東京にいるトップミクソロジストの一人である、オーナーバーテンダーの清崎 雄二郎(きよさき ゆうじろう)氏は、自身の経験を活かして、ゲスト一人ひとりに合わせたカクテルを提供しています。一番人気は、レッドブレスト12年、リレ ブラン、アセロラジュース、卵白、レモンジュース、アンゴスチュラビターズをブレンドして作られるフルーティでなめらかな味わいのカクテル「レッド・サークル(Red Circle)」です。カクテルだけでなく、ウイスキーの品揃えも300種類以上、また、キューバ産シガーも常時10種類以上揃っているのが魅力のバーです。

 

CABIN Nakameguro

 

 

If you’re taking a stroll by Tokyo’s cherry tree-lined Meguro river, keep your eyes open for CABIN. This cozy bar in Nakameguro offers an incredibly wide range of whisky, handcrafted cocktails and delicious food in a relaxed, intimate setting. CABIN Nakameguro is an exquisite whisky and dining bar founded by the team behind the trendy Daikanyama eatery Cedros, The two founders and brothers grew up between the West Coast and Japan, which explains the distinctly American vibe felt throughout the lodge’s rustic interior.

The bar offers a wide variety of exceptional whiskies from around the world, with special mention for some very rare Japanese bottles. Cocktail-wise, the menu doesn’t disappoint either. Brazilian-born head bartender (and jiu jitsu fighter!) Sullivan Gouvea has been taking inspiration from Japanese culture since the moment he started his life in Tokyo. His different encounters with “Wa” (or Japanese-ness) bring an exceptional twist to his creations, borrowing from traditional ingredients such as konpeito (Japanese sugar candy), wasanbon (fine-grained Japanese sugar) or sometimes even wasabi. Whisky cocktails are obviously the focus at CABIN, but the bar also offers a wide range of other delicious options if whisky is not your thing. Like for instance their signature Wild Corpse Reviver, made with Monkey 47, Lillet, Cointreau, lemon juice and absinthe.

 

東京で目黒川の桜並木沿いを散策するなら、CABINをお見逃しなく。中目黒に佇む居心地の良いバーでは、驚くほど多彩なウィスキーやハンドメイドカクテル、美味しいフードが、隠れ家のような落ち着いた空間で味わえます。 

CABIN Nakameguro代官山にあるお洒落なレストラン、シドロスと同じチームが手掛けたこだわりのウィスキー&ダイニングバーです。米国西海岸と日本で育ったオーナー兄弟が経営しているだけに、ロッジをイメージした素朴なインテリア全体にアメリカンなテイストが感じられます。

このバーでは世界中から集めた極上のウィスキーはもちろん、貴重な国産ウィスキーも取り揃えています。カクテルメニューも期待を裏切りません。ブラジル生まれ(で柔術が得意な)チーフバーテンダー、スリヴァン·グヴェア Sullivan Gouvea)氏東京で暮らし始めて以来、日本文化からインスピレーションを得てきました。「和」とのさまざまな出会いからイメージをふくらませ、金平糖や和三盆、ときにはワサビなどの伝統的な食材も取り入れています。ウィスキーカクテルだけでなくウィスキー以外のお酒が好きな方向けのメニューも充実。モンキー47、リレ、コアントロー、レモンジュース、アブサンをミックスしたオリジナルのワイルド・コープス・リバイバーもぜひお試しください。 

5 original bars for an unforgettable date night in Hong Kong

Previous article

5 original bars for an unforgettable date night in Hong Kong

Next article

Órale! 5 must-visit bars for your next weekend trip to Mexico City

Órale! 5 must-visit bars for your next weekend trip to Mexico City